長崎大学大学海洋未来イノベーション機構

環東シナ海環境資源研究センター

Institute for East China Sea Research

長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科附属環東シナ海環境資源研究センター
〒851-2213
長崎市多以良町1551-7
TEL 095-850-7311
FAX 095-840-1881

第5回の長崎大学海洋環境科学情報発信シリーズの案内

2013 Nov 08

長崎大学海洋環境科学情報発信シリーズ
「海と地球と人と」

第5回東京セミナー

「越境汚染物質が大気環境や生態系に与える影響」

 

主催:長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科


日時:2013年12月2日(月)17:30〜19:45
会場:長崎大学東京事務所3F セミナールーム
東京都千代田区九段北1-9-17 寺島文庫ビル
03-6268-9116


わが国を取り巻く自然環境は、近年急速に変化しています。その原因の一つに、越境汚染物質があげられます。それらの物質は、大気、陸域、水域に生息する人間を含めた多くの生物に影響を与えます。長崎大学では、東シナ海の海洋生物資源を持続的に利用するための研究に取り組んでいますが、その一貫として、大陸由来の汚染物質が越境・侵入する経路である大気と、汚染物質の降下により影響を受ける海洋生態系に注目した研究を進めています。その成果を広く一般の方々に伝え、東シナ海の現状と重要性、またその魅力を理解していただくために情報発信を企画しています。


今回は、「越境汚染物質が大気環境や生態系に与える影響」のタイトルで、最近大きな話題になっている大陸からの汚染物質が、大気や海の生態系にどのような影響を与えるのかについて最近の研究状況を紹介いたします。今回のセミナーでは、本学の河本和明教授と梅澤有准教授に話題を提供していただきます。


参加者は30名程度とし、講師による話題提供のあと、参加者された皆様との意見交換の時間を30分程用意いたします。また、ワンドリンクと簡単な軽食を提供し、それを召し上がりながら話を聞いていただく「サイエンスカフェ」スタイルでのセミナーを予定しております。

募集人数:30名

募集期間:2013年11月29日まで。
但し定員になり次第募集を終了いたします。

募集方法:インターネットによる申し込み。セミナーの詳細につきましては、随時HPで情報を提供するとともに、参加を申し込まれた方にはメールで連絡させていただきます。
申し込みぺージ
http://mg.jimu.nagasaki-u.ac.jp/smart/eq.asp?U=1008008004001064177


長崎大学HPの関連URL
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/event/event331.html

詳細は右側のバナーをクリック