古海洋環境学:松岡 數充(まつおか かずみ)
プロフィール研究内容・業績

プロフィール

松岡 數充

Tel & Fax
E-mail
095-819-2812
kazu-mtk@nagasaki-u.ac.jp
 
長崎大学環東シナ海海洋環境資源研究センター 教授
専門分野 古海洋環境学
所属学会 日本古生物学会、日本プランクトン学会、
日本藻類学会、日本第四紀学会

学歴・職歴


1971年 奈良教育大学教育学部特設課程理科(地学専攻)卒業 教育学士
1974年 大阪市立大学理学研究科修士課程(地質学専攻)修了 理学修士
1979年 理学博士(大阪市立大学)
1974年 大阪市立大学理学部助手(生物学教室)
1979年 長崎大学教養部助教授(地学教室)
1985年 ブジャック=ディビスパリノロジー研究所(カナダ)客員研究員
1987年 長崎大学教養部教授(地学教室)
1997年 長崎大学水産学部教授
2002年 長崎大学水産学部附属海洋資源教育研究センター長
2002年 長崎大学学長補佐
2004年 国立大学法人長崎大学理事・副学長
     長崎大学水産学部教授
2005年 国立大学法人長崎大学理事・副学長
     長崎大学環東シナ海海洋環境資源研究センター長
     長崎大学環東シナ海海洋環境資源研究センター教授

↑TOP


研究内容・業績

沿岸域の古海洋環境変遷の解明 /有害・有毒プランクトンの分類・生態・生理研究費取得状況
海外招待講演・講義など研究業績

沿岸域の古海洋環境変遷の解明 /有害・有毒プランクトンの分類・生態・生理

研究内容

主な研究活動:渦鞭毛藻という浮遊性の原生生物を素材にした2つのテーマを持つ.一つは東シナ海と西九州を中した沿岸域の古環境変遷であり,一つは有害・有毒プランクトンの分類・生態である.前者では渦鞭毛藻シスト(生活史の中で有性生殖によって形成され,化石として残存する休眠細胞)群集の時間的変化から,それらの生息環境の変化を読みとる.後者では沿岸海域で発生する海洋生物汚染ー赤潮や貝毒ーの主要原因生物である渦鞭毛藻の分類や生態を,その生活史を明らかにすることから理解する.これらは沿岸環境の保全や公衆衛生上の問題を理解するための基礎的研究の一つである.

学会及び社会における活動等

  • 1997年~     日本プランクトン学会評議員
  • 1997年~     Plankton Biology and Ecology 編集委員
  • 1998~2000年  日本花粉学会評議員
  • 2003年      第7回現生及び化石渦鞭毛藻に関する国際会議(主催)
  • 2005年      EASTHAB3(主催)
海外共同研究
  • 1991年 日本学術振興会研究者交流(韓国水産振興院,済州大学校,忠南大学校)
  • 1992年 日本学術振興会研究者交流(オーストラリア・タスマニア大学)
  • 1995年 日本学術振興会拠点大学協力研究者(タイ・チェラロンコーン大学)
  • 2005年 JICA短期専門家「ガラパゴス諸島海洋環境保全計画プロジェクト」(ガラパゴス諸島)
↑TOP

研究費取得状況

研究費取得状況

  • 1988年 科学研究費補助金 一般研究(C)「黒潮域内湾表層堆積物中の渦鞭毛藻シストについての研究」(代表,63540630) 
  • 1991~1993年 重点領域研究「地球環境の変動と文明の盛衰ー新たな文明のパラダイムを求めて」(分担)
  • 1995年 重点領域研究 「地球史解読」(公募研究 代表)
  • 1994~1995年 科学研究費補助金 一般研究(C)「表層部の堆積物に残された渦鞭毛藻化石からみた閉鎖系海域の生物海洋汚染に関する研究」(代表,06640600)
  • 1996年 科学研究費補助金 基盤研究(C)「渦鞭毛藻ペリディニュウム目のシストと遊泳体の対応関係に関する研究」(代表,08640593)
  • 1997~1999年 科学研究費補助金 一般研究(B)「有害プランクトン同定のための画像及び生理生態情報データベースの開発」(分担,09556043)
  • 1998~1999年 科学研究費補助金 基盤研究(C)「内湾堆積物表層部における渦鞭毛藻シストの保存性」(代表,10640452)
  • 1998~2000年 科学研究費補助金 基盤研究(B)「麻痺性貝毒原因小型 Alexandrium の分類と生態に関する研究」(分担,10640084)
  • 1999~2001年 科学研究費補助金 基盤研究(A)「湖沼・内湾・レス堆積物によるアジアモンスーン変動のトリガーの解明」(分担,11304033)
  • 2001~2005年 科学研究費補助金 基盤研究(S)「有明海の環境変化が漁業資源に及ぼす影響に関する総合研究」(分担,13854006)
  • 2003~2005年 科学研究費補助金 基盤研究(B)「沿岸域のセディメントトラップ試料に基づく渦鞭毛藻シストのタフォノミー」(代表,15340177)
  • 2006~2008年 科学研究費補助金 基盤研究(B)「分子系統解析手法を用いた現生渦鞭毛藻シストと遊泳細胞対応関係の再検討」(代表,18340166)

国際学術研究

  • 1990年 科学研究費補助金 「西太平洋海域における富栄養化の進行と赤潮発生に関する研究」(分担)
  • 1991年 科学研究費補助金 「東南アジア海域における有毒・有害プランクトン赤潮に関する研究」(分担)
  • 1992~1993年 科学研究費補助金 国際学術研究「東南アジアにおける有毒赤潮の発生及び広域化の機構」(分担,04041037)
  • 1992~1994年 科学研究費補助金 国際学術研究「対馬暖流域の生物地理に関する共同研究」(分担,04045041)
  • 1994~1995年 科学研究費補助金 一般研究(B)「有害プランクトン発生域の広域化に関する研究」(分担,06454099)
  • 1994~1995年 科学研究費補助金 国際学術研究「西太平洋海域における赤潮の発生とその環境への影響」(分担,06041031)
  • 1996~1998年 科学研究費補助金 国際学術研究「西太平洋海域における有害赤潮の広域化機構」(分担,08041140)
  • 1999~2001年 科学研究費補助金 基盤研究(B)「東シナ海および黄海の環境と生物に関する研究」(代表,11695080)
  • 2003~2005年 科学研究費補助金 基盤研究(B)「東南アジア海域における有毒渦鞭毛藻の発生と広域化に関する研究」(分担,15380132)
  • 2006~2008年 科学研究費補助金 基盤研究(A)「東南アジアにおける有毒渦鞭毛藻類の発生と広域化機構」(分担,18255012)

委託研究費等

  • 1996~1998年 日産科学財団研究助成(分担)
  • 1999~2003年 水産庁 「新奇赤潮生物」
  • 2003~2006年 自然保護助成基金「有明海・諫早湾の底層環境の変化とそれが底棲生物に与える影響」(代表)
  • 2006~2008年 科学技術振興調整「東シナ海有害赤潮の日中韓国際連携研究」(代表) 
  • 2004~2008年 水産庁 「コクロディニウム赤潮被害対策」
↑TOP

海外招待講演・講義など

  • 1989年 Management and Training Workshop on Pyrodinium Red Tidesでの講師(ブルネイ王国水産庁)
  • 1995年 IOC-DANIDA Training Course on the Taxonomy and Biology of Harmful Marine Microalgaeでの講師(デンマーク・コペンハーゲン大学)
  • 1997年 IOC-DANIDA Training Course on the Taxonomy and Biology of Harmful Marine Microalgaeでの講師(デンマーク・コペンハーゲン大学)
  • 1997年 IOC-FURG-DANIDA Training Course on the Taxonomy and Biology of Harmful Marine Microalgaeでの講師(ブラジル・リオグランデ大学)
  • 1997年,1998年,2001年,2003年,2005年,2007年 有毒(貝毒)プランクトン同定研修会での講師.社団法人日本水産資源保護協会
↑TOP

研究業績

論文

Taxonomy on fossil and modern dinoflagellates

  • Matsuoka, K. 1974. Some Plant microfossils from the Fujiwara Group Nara, Central Japan. Transactions and proceedings of the Palaeontological Society of Japan. NS 94: 319-340.
  • Matsuoka, K. 1979. Hystrichokolpoma from Pliocene sediments in Okinawawa-jima, Japan. Review of Palaeobotany and Palynology 26: 47-60.
  • Matsuoka, K. 1983. Late Cenozoic dinoflagellates and acritarchs in the Niigata district, central Japan. Palaeontographica, Abt. B 187: 89-154.
  • Matsuoka, K. 1979. Hystrichokolpoma from Pliocene sediments in Okinawa-jima, Japan. inoflagellate cysts. Review of Palaeobotany and Palynology 44: 217-231.
  • Matsuoka, K. 1985. Cyst and thecate forms of Pyrophacus steinii (Schiller) Wall et Dale. Transactions and Proceedings of the Palaeontological Society of Japan, NS 140: 240ー262.
  • Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 1986. Cyst and motile morphology of a colonial dinoflagellate Pheopolykrikos hartmannii (Zimmermann) comb. nov. Journal of Plankton Research 8: 811-818.
  • Matsuoka, K., Bujak, J.P. and Shimazaki, T. 1987. Late Cenozoic dinoflagellate cyst biostratigraphy from the west coast of northern Japan. Micropaleontology 33: 214-219.
  • Matsuoka, K. 1988. Cyst-theca relationship in the diplopsalid group (Peridiniales, Dinophyceae). Review of Palaeobotany and Palynology 56: 95-122.
  • Kobayashi, S. and Matsuoka, K. 1995. A new species of Ensiculifera, E. imariense (Dinophyceae) producing organic-walled cysts. Journal of Phycology 31: 147-152.
  • Matsuoka, K., McMinn, A. and Wrenn, J. H. 1997. Restudy of the holotype of Operculodinium centrocarpum (Deflandre & Cookson) Wall (Dinophyceae) from the Miocene of Australia and the taxonomy of related species. Palynology 20: 19-33.
  • Matsuoka, K., Pholpunthin, P. and Fukuyo, Y. 1998. Is the archeopyle of Tuberculodinium vancampoae (Rossignol) (Gonyaulacales, Dinophyceae) on the hypocyst? Paleontological Research 2: 183-192.
  • Iwataki, M., Takayama, H., Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 2002. Heterocapsa lanceolata sp. nov. and Heterocapsa horiguchii sp. nov. (Peridiniales, Dinophyceae), two new marine dinoflagellates from coastal Japan. Phycologia 41: 470-479.
  • Kawami, H., Iwataki, M. and Matsuoka, K. 2006. A new diplopsalid species Oblea acanthocysta sp. nov. (Peridiniales, Dinophyceae). Plankton and Benthos Research 1: 183-190.
  • Matsuoka, K., Kawami, H., Fujii, R. and Iwataki, M. 2006. Further examination of the cyst-theca relationship of Protoperidinium thulesense (Peridiniales, Dinophyceae) and the phylogenetic significance in round brown cysts. Phycologia 45: 632-641.
  • Iwataki, M., Kawami, H. and Matsuoka, K. 2007. Cochlodinium fulvescens sp. nov. (Gymnodiniales, Dinophyceae), a new chain-forming unarmored dinoflagellate from Asian coasts. Phycological Research 55: 231-239.
  • Matsuoka, K., Iwataki, M. and Kawami, H. 2008. Morphology and taxonomy of chain forming species of the genus Cochlodinium (Dinophyceae). Harmful Algae 7: 261-270.

Ecology of dinoflagellate cysts and environmental study

  • Matsuoka, K. 1992. Species diversity of modern dinoflagellate cysts in surface sediments around the Japanese Islands. In: Head, M.J. and Wrenn, J.H. (eds.) Neogene and Quaternary Dinoflagellate cysts and Acritarchs, pp. 33-53, American Association of Stratigraphic Palynologists Foundation, Dallas, Texas, U.S.A.
  • Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 1994. Geographical distribution of the toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum Graham in Japanese coastal waters. Botanica Marina 37: 495-503.
  • Matsuoka, K. 1994. Holocene dinoflagellate cyst assemblages in shallow water sediments of the Tsushima Islands, west Japan. Review of Palaeobotany and Palynology 84: 155-168.
  • Matsuoka, K. 1999. Eutrophication process recorded in dinoflagellate cyst assemblages of Yokohama Port, Tokyo Bay, Japan. The Science of the Total Environment 231: 17-35.
  • Matsuoka, K., Cho, H.-J. and Jacobson, D.M. 2000. Observations of the feeding behavior and growth rates of the heterotrophic dinoflagellate Polykrikos kofoidii (Polykrikaceae, Dinophyceae). Phycologia 39: 82-86.
  • Cho, H.-J. and Matsuoka, K. 2001. Distribution of dinoflagellate cysts in surface sediments from the yellow Sea and East China Sea. Marine Micropaleontology 42: 103-123.
  • Matsuoka, K., Joyce, B.L., Kotani, Y. and Matsuyama, Y. 2003. Modern dinoflagellate cysts in hypertrophic coastal waters of Tokyo, Bay, Japan. Journal of Plankton Research 25: 1461-1470.
  • Matsuoka, K. 2005. Modern dinoflagellate cysts found in surface sediments of Santa Cruz Island, Galapagos. Galapagos Research 63: 8-11.
  • Matsuoka, K., Fujii, R., Hayashi, M. and Wang, Z. 2006. Recent occurrence of toxic Gymnodinium catenatum Graham (Gymnodiniales, Dinophyceae) in coastal sediments of West Japan. Paleontological Research 2: 117-125.
  • Fujii, R. and Matsuoka, K. 2006. Seasonal Change of dinoflagellate cyst flux collected in a sediment trap in Omura Bay, West Japan. Journal of Plankton Research 28: 131-147.
  • Mizushima, K., Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 2007. Vertical distribution of Pyrodinium bahamense var. compressum (Dinophyceae) cysts in Ambon Bay and Hurun Bay, Indonesia, 2007. Plankton and Benthos Research 2: 163-174.
  • Iwataki, M., Kawami, H., Mizushima, K., Mikulski, C.M., Doucette, G.J., Relox. Jr., J.R., Anton, A., Fukuyo, Y. and Matsuoka, K. 2008. Phylogenetic relationships in the harmful dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides (Gymnodiniales, Dinophyceae) inferred from LSU rDNA sequences. Harmful Algae 7: 271-277.

Publication

  • 安田喜憲・松岡數充(編著)1994. 日本文化と民族移動.思文閣出版,299 pp.
  • 松岡數充 2004.  大村湾 超閉鎖系海域「琴の海」の自然と環境.長崎新聞社,189 pp.
  • Matsuno, T., Matsuoka, K. and Ishizaka, J. (eds.) 1999. The East China Sea Vol. 2, Proceedings of the 2nd International Workshop on Oceanography and Fisheries in the East China Sea, 207 pp., Faculty of Fisheries, Nagasaki University.
  • Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 2000. Technical Guide for Modern Dinoflagellate Cyst Study. i+ 29pp, 17 figures, 7 tables, 22 plates, WESTPAC-HAB/WESTPAC/IOC, Japan Society for the Promotion of Science.
  • Anderson, D.M., Fukuyo, Y. and Matsuoka, K. 2003. Cyst Methodologies. In Hallegraeff, G.M., Anderson,D.M. and Cembella, A.D. (eds.), Manual on Harmful Marine Microalgae, pp. 165-189, Monographs on Oceanographic Methodology, UNESCO Publishing.
  • Matsuoka, K. and Fukuyo, Y. 2003. Taxonomy of Cysts. In Hallegraeff, G.M., Anderson, D.M. and Cembella, A.D. (eds.), Manual on Harmful Marine Microalgae, pp. 563-592, Monographs on Oceanographic Methodology, UNESCO Publishing.
  • Matsuoka, K. and Horiguchi, T. (as Guest Editors-in-Chief) 2004. Phycological Research, Vol. 52, Issue 4 (Special volume for the Proceedings of the Seventh International Conference on Modern and Fossil Dinoflagellates (DINO 7) in Nagasaki, 2003) 435 pp.

学術表彰

1988年 日本古生物学会論文賞受賞
     「Cyst and thecate forms of Pyrophacus steinii (Schiller) Wall et Dale, 1971」
1990年 日本古生物学会学術賞受賞 「新生代渦鞭毛藻の古生物学的研究」
2006年 日本水産学会論文賞受賞

↑TOP