長崎大学大学海洋未来イノベーション機構

環東シナ海環境資源研究センター

Institute for East China Sea Research

長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科附属環東シナ海環境資源研究センター
〒851-2213
長崎市多以良町1551-7
TEL 095-850-7311
FAX 095-840-1881

国際交流・留学

JST-MOSTプロジェクト「気候変動に対する海洋生態系応答機構の解明」

平成24年7月23日(月)水産学部大会議室において、国際科学技術協力推進事業によるJST-MOSTプロジェクト「気候変動に対する海洋生態系応答機構の解明」のキックオフミーティングが開催されました。

当日は、アモイ大学のGao教授による植物プランクトンおよびコペポーダに対する海洋酸性化と紫外線の相乗影響の紹介に始まり、長崎大生産科学研究科の殷瑞さんが海洋酸性化と温暖化がウニ類と二枚貝に与える影響について概説し、続いて河端雄毅准教授が流れ藻の流路解析と生態系変化の解析に関する新たな手法の開発についての紹介、そして最後にGregory N. Nishihara准教授が沿岸藻類の生産量に関する新たな測定方法の紹介等の講演を行いました。

このプロジェクトは、植物生理の分野で優れた業績をもつアモイ大学のグループと動物を中心としたメソコスム研究を進めようとしているセンターのグループが共同して、気候変動が海洋生態系に及ぼす影響を3年間を掛けて解明しようとするものです。

今年秋には長崎大学のグループがアモイ大学を訪問して、両グループの交流が本格的に始まることになります。

Prof. Kunshan Gao providing a talk on the response of zooplankton to UV and ocean acidification.

The Kickoff Meeting for the Strategic Japanese-Chinese Cooperative Program on Climate Change
"Marine Ecosystem Response to Climate Change and Mediated Mechanisms: Linking Micro- to Meso-Scale Response"

13:00-13:35 Opening Remarks: Overview of the project

Atsushi Ishimatsu (ECSER, Nagasaki Univ) 

13:35- 13:50  Prof. Kunshan Gao (State Key Laboratory of Marine Environmental Science, Xiamen Univ)

"Effects of Ocean Acidification on Marine Primary Producers under the Sun" 

13:50-14:05  Prof. Kunshan Gao

"Zooplankton's response to solar UV radiation and ocean acidification" 

14:05-14:30  Ms. Yin Rui (Graduate School of Science and Technology, Nagasaki Univ)

"The cost of ocean acidification: a look into the impacts on marine invertebrates" 

14:30-14:55  Dr. Yuuki Kawabata (ECSER, Nagasaki Univ)

"Development of the new method to monitor the drifting seaweed rafts and associated fish fauna" 

14:55-15:20  Dr. Gregory N. Nishihara (ECSER, Nagasaki Univ)

"Primary production in coastal macrophyte ecosystems" 

15:20-15:50 General Discussion

15:50 Closing Remarks

Atsushi Ishimatsu (ECSER, Nagasaki Univ)

The participants of the JST-MOST kickoff meeting held at Nagasaki in 2012.